葬儀の種類

HOME 葬儀の種類

葬儀のかたち

葬儀のかたちを決める前に

お付合いのある宗教者がおられる場合はまず連絡をいれます。

特に納骨先が菩提寺(檀家)の墓地の場合は最優先で連絡します。

  • 通夜・葬儀を行わず火葬のみを行います。
    ご希望があれば火葬場で炉に入る前に宗教者に読経して頂けます。
    費用を抑えたい
    親族も故人も高齢なので家族のみでお見送りをしたい

    ※火葬後お骨にて、後にお別れ葬をする場合もあります。

  • 通夜式を行わず葬儀告別式のみ行います。
    1日で全てが済みますので時間や身体の負担が軽減されます。
    遠方からの会葬者の方は宿泊の心配もありません。
    【注意点】菩提寺などがある場合は了承を得なければなりません。
    一般の方の会葬がある場合は通夜式がないため参列しにくいとの声もあります。
    会社が休みの日に日程を合わせる事が難しい場合は
    通夜式がある方がよいでしょう。

  • 家族を中心に親しい友人等と、故人をお見送りします。
    一般会葬者への対応が少ない為、故人とのお別れをゆっくりと過ごすことができます。
    【注意点】葬儀後の自宅などへの弔問対応が長く続く可能性があります。

  • 従来の葬儀の形です。
    家族のみならず、会社関係や生前故人と交流のあった方達をお呼びして行います。
    家族葬より費用の自己負担が少なく済むこともあります。

ページの先頭へ
© ひかりセレモニー