葬儀の意義

HOME 葬儀の意義

なぜ葬儀を行うのでしょうか

葬儀には大きく以下の意義が唱えられます。

宗教的役割
死者の霊を慰め現世から来世に送り出す宗教的儀礼
物理的役割
衛生面と死者の尊厳を守るために、火葬を行います。
社会的役割
社会にその人の死を告知する、公的機関への手続きや相続の処理
心理的役割
受け入れがたい「死」に相対し、お葬式という儀式を通して少しずつ「別れ」を受け止める。
ご遺体を荼毘(だび)に臥(ふ)すことによって大切な人が亡くなったことを現実として受け止め、故人の霊を供養し、集まった親戚や友人と悲しみを共有することによって心がケアされていきます。
葬儀という儀式を行うことで、身近な人の死という大きな変化を受け入れ、区切りをつけて新しい生活への一歩を踏み出す足がかりとなります。
ページの先頭へ
© ひかりセレモニー